出会い系サイトのメルパラ(めるぱら)アプリ体験談-セカンドバージンの女子大学生(ひなの 21歳)


メルパラ(めるぱら)(18禁)詳細はこちら

みなさん、こんにちわ。

出会い系アプリ体験談 カッチの出会い系サイト攻略法の管理人のカッチです。

知人の出会い系サイトのメルパラ(めるぱら)アプリ体験談です。

今回の体験談をお話したいと思います。

メルパラ(めるぱら)で、お会いしました。

メルパラ(めるぱら)では、初めて登録する方(新規登録者)は、登録時に無料ポイント、100ポイントがプレゼントされます。(1ポイント=10円なので、料金にすると1000円分です。)

プロフの写真では、あまりよく分からなかったのですが、洋服屋でバイトをしていて、洋服が大好きですと書いてあったので、おそらく容姿は、良いだろうと思っていました。

アドレスを聞けて、やりとりをしていました。

俺は会う前は紳士的で、エッチな話はしないのですが、ひなのさんの場合は向こうから、エッチが痛くて、できないんです。

今いい感じの人はいるのですが、怖くて出来ないんです。と言ってきたので、真剣に悩みに答える感じで、一度会ってみようかという話をしました。

当日、愛車で、ひなのさんを迎えに行きました。

愛車に乗り込んできた、ひなのさんは、今まで出会い系であった中でも、トップ5に入るルックスでした。

ルックスが良いのはいいのですが、本当にエッチさせてくれるのかと思いました。

エッチさせて的な言い方よりも、エッチが痛くないようになれると良いですみたいな感じで、あくまで本人のためという風に言った方がよいと思いました。

俺:エッチすると痛いんだよね、何回くらいちゃんと入った事あるの。

ひなの:何回も挑戦していたのですが、多分1回しかうまくできなかったと思います。

俺:血は出た。

ひなの:はい、出ました。

俺:そっか、じゃあ多分、その時よりは痛くないと思うよ。ローションとか持ってきたし、挑戦してみる。

ひなの:はい。お願いします。緊張してきた。

ラブホに入りました。

ラブホに入ってから、話をしました。

話をした後に、ベッドに座らせました。

ひなのさんは、緊張してると言って、なかなか脱いでくれません。

安易には洋服を脱がなかったので、オッパイを目にするまでに、少々時間は費やしましたが、やっとオッパイと対面しました。

オッパイは、大きかったです。

オッパイを舐めると、反応がものすごいです。

オッパイを舐めました。

ディープキスも一生懸命してくれてました。

キスとオッパイ舐めた後に、パンティーの上からまんこを触ってみると、びしょ濡れでした。

乳首は悶絶するのに、まんこは普通に感じるようです。

いよいよ、まんことご対面です。

フル勃起した所で、ローションを塗って、挿入しました。

貫通感がありました。

いってっと、ひなのさんが今までのブリッ子の喋り方とまったく違う声をだしました。

そして、抜いてくださいと絶叫しました。

一旦抜きました。

とりあえず休憩する事にしました。

俺:ひなのさんはエッチが痛くなくなったら、今、付き合いたい人とすぐにしたいの。

ひなの:いや、まだ付き合ってないからそんなすぐにはしないです。

俺:じゃあ、それまで俺と付き合ってください。

ひなの:え、どうせ浮気するでしょ。

俺:色んな子と遊ぶとは思うけど。でも重い恋愛より、そっちの方がイイでしょ。練習みたいに思えばいいじゃん。

ひなの:うん。そうかも。

俺:じゃあ、俺と付き合ってください。

ひなの:うん。いいよ。

ひなのさんと付き合う事になったので、これからは、更にラブラブなプレイになりました。

また挿入しました。

動くと痛いから、止まっててと愛くるしく語りました。

この状態で止まっている事、数分間です。

数分間この状態でしたが、動くことはできずに終了しました。

今日は、もう入れるのは無理って感じになりました。

俺:口に出していい。

ひなの:やだ。

俺:前の彼氏とかってどうしてたの。

ひなの:えっ、飲んでたよ。

俺:じゃあ、飲まなくて良いから口に出させてよ。

ひなの:うん、わかった。

キスをしたり、体を舐めてもらったりしてイキそうになった時、ひなのさんにおもいっきり舌を出してもらって、そこに射精しました。

シャワーを浴びて、愛車で送りました。

本日、満喫した出会い系サイトはメルパラ(めるぱら)です。


メルパラ(めるぱら)(18禁)詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする